コンセプト作り

一生に一度の和装婚

和婚のコンセプトについて

結婚式を行う場合、一般的にはウエディングドレスなどの西洋式の挙式が選ばれることが多くなっています。
そんな中最近特集が組まれるなど注目を集め始めているのが和婚であり、白無垢を着用した日本本来の挙式のスタイルです。
和婚の特徴は挙式を挙げる会場が神社であること・神前式と言うことで家と家とのつながりを重要視した親族中心での結婚式となっていることなどがあげられています。
そのことから和婚のコンセプトとしてよく言われるのが「伝統」や「格式」であり、華やかな中にも厳格な雰囲気をかもし出すことが出来るとして緊張感のある挙式を行うことが出来るようになっています。
ですが、コンセプトはそれだけではなく、日本本来の伝統や格式を守りながらも自分たちらしくアレンジすると言うものがあり、神前式のあとは色内掛けを着て披露宴をすることになるので、その場で色内掛けに合わせた洋式の髪形をしたり、アクセサリーやブーケを工夫するなど今どきらしいアレンジを加えることが出来るところが魅力です。

和婚を挙げたいと思ったら、
まずはコンセプト作りから!

日本人として生まれたからには日本らしい結婚式を挙げたいという方、日本文化に魅力を感じる国際結婚カップルなど様々な方に人気がある和婚ですが、幸せな結婚が決まり漠然と和婚がしたいと思った時、まず最初にすべきことはコンセプト作りです。
これは、和婚のみならず結婚式全般に言える基本の「き」でもあるのですが、自分たちの希望する結婚式のコンセプトを最初の時点でしっかりと固めることは、後々の準備をスムーズなものにします。
結婚が決まった途端にすぐに会場へ足を運び、各会場のプランや説明を聞いてしまう人が多いものですが、どこも魅力的なプランを用意しているため、まだしっかりと決まっていないうちに説明を受けてしまうと気持ちがあちこちに揺らいでしまい、準備が滞ってしまうことはありがちです。
料亭で家族だけでアットホームな雰囲気で行いたい、大名行列のような華やかな雰囲気の中で入場したい、衣装・演出・料理全てにおいてとにかく徹底的に和にこだわったものにしたいなど、2人のコンセプトを固め、それを芯として、実現できそうな会場へ行き、実現できるかを確認して、と準備を進めて行けば希望通りの式をスムーズに実現しやすくなります。

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』
最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>