衣装の種類

一生に一度の和装婚

女性なら誰もが憧れる和婚の衣装について

神前式や仏前式など、和婚に対する関心が高まっています。
その特徴は衣装にあり、男性は羽織りと袴を着用して、女性は白無垢に綿帽子、もしくは角隠しをかぶります。
とても厳かな雰囲気の挙式ですし、白無垢の衣装は格調高い雰囲気がありますから、今後も利用者が増えることが予測されています。
また、挙式は白無垢姿で行いますが、披露宴はお色直しの着物を身につけるのが一般的です。
それは色打掛と呼ばれており、赤や黒、濃紺など、肌に合う上に、好みの色を選べますので、楽しみにしている女性はとても多いです。
尚、結婚式場でも和婚に適した衣装を数多く用意していますが、レンタルショップを利用することもできますから、気になる場合はチェックしてみることをおすすめします。
また、男性が身につける羽織りと袴もたくさん用意していますので、二人そろってコーディネートをすることもできるというメリットがあります。
さらに、草履や扇子も取り扱っています。

和婚で新郎新婦が着用する衣装の種類

結婚式の中に「和」の要素を取り入れた様式を「和婚」と言います。
最近では結婚式の中でも人気のスタイルとなっており、厳粛なものからあまり堅苦しくない雰囲気のものまであります。
一般的には、神社で行なう「神前式」や、仏閣にて行う「仏前式」、ゲストに結婚の証人となってもらう「人前式」、昔ながらの「祝言」が挙げられます。
披露宴会場にも、和の要素がある旅館や料亭等が使用されるケースが多いです。
「和婚」で着用する衣装は、花婿の場合は紋付袴(紋服)、花嫁の場合には白無垢や色内掛、引振袖があります。
花婿が着用する紋付袴(紋服)は、必ず家紋が付くことになるので、自身の家紋を知っておく必要があります。
また、花嫁が着用する衣装については、先述した3種類の中で最も格が高いのが日本の伝統衣装とも言われる白無垢であり、神前式をはじめとする「和婚」の中でも多々使用されています。
また、色内掛や引振袖は白無垢のお色直しとして使用されています。